読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイテロニート

社会不適合者のニートによる日常。

2017センター試験地理歴史公民

【世界史B】
第1問 世界史上のマイノリティ
第2問 世界史上の革命や政治体制の変化
第3問 国家が諸地域を統合するために採用した制度
第4問 世界史における自然環境・資源と人間との関わり

 並。文化史が減って、地図が増加。時代区分的には現代史が増加。第2、3問が悲惨な結果に。


日本史B
第1問 海をめぐる日本史
第2問 古代の思想・信仰と政治・社会
第3問 中世の政治・社会・文化
第4問 近世の文化・政治・社会
第5問 幕末から明治期の大坂
第6問 近現代の公園をめぐる歴史

 やや難化。文化史が減って、政治史が増加。戦後史は少なめ。点数はほぼ期待値。


【地理B】
第1問 世界の自然環境と自然災害
第2問 資源と産業
第3問 都市・村落と生活文化
第4問 中国
第5問 スペインとドイツ
第6問 壱岐島の地域調査

 やや易化。出題分野は変化なし。知識ないので、地図やグラフの読み取り問題で稼ぐ。


現代社会】
第1問 人間の社会的活動
第2問 民主政治の諸相
第3問 日本経済をとりまく諸問題
第4問 環境・景観保全と法的規制
第5問 貧困問題と国際協力
第6問 現代経済の仕組みと労働環境

 やや易化。内容趣旨、写真問題が新設。毎年お馴染み一般常識だけで平均点。


【倫理】
第1問 現代社会の諸課題と青年期
第2問 源流思想
第3問 日本思想
第4問 西洋近現代思想

 やや易化。出題分野は変化なし。聞いたことすらない思想家がちらほらと。第2、3問が撃沈。


【政治経済】
第1問 日本における民法の制定とその変遷
第2問 発展途上国と先進国との関係
第3問 民主政治の成立と変遷
第4問 通貨制度の変化

 並。全大問が政治経済融合問題。全問平均的な出来だった。


【倫理政治経済】
第1問 現代社会の諸課題と青年期
第2問 日本の思想・東洋源流思想
第3問 西洋の近現代思想・源流思想
第4問 日本における民法の制定とその変遷
第5問 民主政治の成立と変遷
第6問 通貨制度の変化

 やや易化。独自問題なし。得点もほぼ倫理+政経の半分。


 他教科に増して年々酷くなる教科。社会科学系の学部卒なのに公民出来ないし、地歴は目も当てられない。現役浪人時は世界史、倫理選択で、8〜9割は取れたんですけどね。まあやらないと忘れますね。開き直って地理、倫政選択でいいやと思ってます。

2017センター試験数学

【数学IA】

第1問 数と式/集合と命題/二次関数
 対称式/必要十分条件、命題の真偽/最小値
 集合と命題はやはり苦手。3次式で分数の因数分解が出て、おおってなった。全体的に基本的な内容であるが、私の知識は高校数学の初歩の段階で既にかなりあやふやである。

第2問 図形と計量/データの分析
 正弦定理、余弦定理、三角形の面積/散布図、分散、ヒストグラム、箱ひげ図
 図形と計量は基本的、データの分析は本質から理解しないと難しそう。新課程で増えた分野なのであまりいい教材がない気がするのだが、逃げずにしっかり理解しておきたい。

第3問 場合の数と確率
 排反事象、和事象、条件付き確率
 楽勝。

第4問 整数の性質
 倍数の判定、約数、2進法
 ゴリ押しで楽勝と思いきやちょこちょこ間違えた。この分野も本質から深く理解しておきたい。

第5問 図形の性質
 方べきの定理、メネラウスの定理、内心
 図形苦手なので問題見もせず未選択。臨機応変に対応出来るようにしたいところ。今回は第3、4問が難という評価だし。

 各予備校の分析では易化。幅広い分野から、公式丸暗記では解けない問題が出題されていて、今年のIAは良問揃いだと思った。昨春にIの勉強をし直したこともあって、IAならまだ戦えるようで良かった。


【数学IIB】

第1問 三角関数/指数・対数関数
 三角関数の方程式、2倍角の公式、解と係数の関係/指数関数のグラフ、内分点、対数方程式、常用対数の計算
 2倍角の公式からわからず死亡。

第2問 微分法・積分
 接線、面積、関数の増減
 接線からわからず死亡。

第3問 数列
 等比数列、等差*等比数列の和、対数で表された数列
 無理やり手計算。

第4問 ベクトル
 ベクトルの成分、内積の計算
 現役の頃から捨ててた分野なので死亡。昔は選択で統計とコンピュータを選べたのに…。

第5問 確率分布と統計的な推測
 二項分布、正規分布による近似、連続型確率密度関数
 確率や統計といった文字から、勉強したことがなくてもいけるかと思いきや、意味不明の文字列が並んでいたので未選択。

 各予備校の分析では易化。例年ではこんな私でも3〜4割くらい取れるのに、今年は2割すら取れず撃沈、過去最低点を更新。教科書レベル叩き込んで、センター用の問題集、緑チャートとかやれば、6割くらいにはすぐ乗せられると思うが…。本腰入れて一度勉強し直すしかないですね。

2017センター試験英語

 昨日書くのを忘れてたけど、ネタバレを含むので注意されたい。

【筆記】

第1問 発音・アクセント
 出来た試しがない分野。そもそも単語の意味すらわからないもの多数という状況。圧倒的に語彙力が不足している。

第2問 文法・語法・整序・応答文
 文意は読み取れたが、文法知識は壊滅な為、得点率は半分。Cの応答文に関しては8択ということもあり0点。問題集を1冊極めれば高得点が望めるだろうだが、それが出来れば苦労しないのだ。

第3問 会話・不要文選択・発言要約
 分配できる時間は短いながら語数が多く、瞬時に要旨を理解しないといけないので、現役の頃から苦手な大問。全文を精読する必要はないので、数こなして慣れていくしかなさそう。

第4問 データ読み取り
 図表や広告といった、非言語の部分からも情報を読み取れるので、無理やり正解に辿り着ける有り難い分野。ただやはり短時間で解かないといけないので、演習して慣れが必要か。

第5問 長文読解(物語)
 Ahhhhhhhhhhh! まさかの『君の名は。』のパロディ文章が登場。出題されたテーマの知識があれば、言語知識がなくても解けてしまうものなので、多方面にアンテナを張るのは重要。そして日本語で出題されれば、平易な読解力しか必要としないので、単語力が非常に重要。

第6問 長文読解(論説)
 「友情を長持ちさせるための秘訣」に関する論説文。Bのパラグラフの要旨が当たったのは初かもしれない。

 各予備校の分析では易化。英弱なので難化して差がつかないようにしてくれよと思っていたが、センター本試では人生初となる平均点超えを達成出来そう。ただ、第3問以降の長文の意味がなんとなくしかわからないながら、設問で削って当てにいったという感じでしかないので、もっと精度を上げて読めるようにしないとダメ。


【リスニング】

第1問 対話文イラスト
第2問 応答完成
第3問 会話/ヴィジュアル
第4問 モノローグ/会話長文

 面白い設問もなく、例年通りなので個別の感想は特になし。難易度的には難化。苦手なのは読み上げられた対話に続く応答を選ぶ第2問。TOEICと違って英文が2度流れるので、その点はだいぶ楽。私は筆記より例年得点率は高いので、筆記と同じように語彙を増やして、会話文についても触れていけたらそれでいいかなと。ディクテーションとかシャドーイングとかやればいいでしょ(適当)。

2017センター試験国語

 遅くなりましたが、受験した皆様お疲れ様でした。教科ごとに私も適当に感想を垂れ流そうと思います。なお、受験生の平均点すら取れないニートの戯言であり、有益な情報は全くありませんので悪しからず。6教科主要科目だけの予定なので1週間くらいで終わらせたい。

第1問 評論 小林傳司『科学コミュニケーション』
 科学論。テーマ的には割とよく論じられるものだと思うが、いきなりそこそこ難しくて出鼻を挫かれる。漢字で2問ミス。同音文字が5つ並ぶと混乱してしまって、どうも苦手である。漢字の学習は中学で止まっているので、常用漢字から勉強し直す必要がありそうだ。

第2問 小説 野上弥生子『秋の一日』
 ( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい! 特に卑猥な意味で用いられているわけではなく、幼子の可愛さを表している表現なのだが、この文章を選んだセンター制作委員会は相変わらずである。1912年発表の文章なので、今の受験生には読みにくいかもしれない。

第3問 古文 『木草物語』
 古語、文法で2問ミス。基礎知識からごっそり抜け落ちている私でも、問題文読むだけで意味は掴めるので、文章自体は平易だったと思う。和歌が復活。

第4問 漢文 新井白石『白石先生遺文』
 本試では初の日本漢文らしい。漢文は漢字の知識だけで無理やり解けるので古文と違って得意であったが、設問を読まないと理解するのは難しかった。

 各予備校の分析では、軒並み難化。現代文は漢字と語彙、古典は単語と文法等の知識を入れて、両方とも問題に慣れればどうにかなるとは思う。ただ高得点勝負になると、配点が高く安定しにくい国語は博打でしかないので難しいところ。

名古屋へ

 3泊5日で雪積もる名古屋に行ってきました。名古屋へは10年程前に自転車で旅していた時に1泊したのと、18きっぷで1度下車した程度で、私の中ではほぼ未開の地でした。ナナちゃんを見たのと、マウンテンに登頂したくらいですね。
 個人的に愛知県というのは、静岡県と同じで、移動する際に大変な県という印象しかないのです。いや決して静岡も愛知もディスってるわけではないのですが、電車でも道路でも度々通るけど、通過するだけでまともに街を巡ったことがないという人は多いのではないかと思います。貧乏性なので、遠距離逓減制により、名古屋行くくらいなら関西行っちゃうわってなるんですよ。逆に名古屋-関西の移動はそれほど苦でもないのかなと思っています。
 
 今回は、名古屋市営地下鉄のフリー切符を3日間も買ったので、基本地下鉄移動でした。普段地下鉄なんて不便な乗り物は全く乗らないんですが、私が調べた範囲ではお得感が一番高い気がしたので。土日が600円、平日が740円で乗り放題。
 ただ、あんまり見る場所もないなあという感想でした。お金を落とすつもりがないので、都会行くとどこでもそうなりますけどね。そもそも普段から移動が目的みたいな人なので、観光地を巡る習慣がないのですよ。しかも今回は旅行目的で行ったわけでもなく、空いた時間で回っていただけで、入場料払ってまで見たいものもそうそうないですし。まあいつもどおり大学巡りなんかしてました。東海地区は有名大学でも未訪問だったので行けてよかった。
 あとは名城線を歩こうという計画もあったものの、足の調子も悪く、寒くて雪も残ってたので、今回は断念。大阪環状線すら今だに歩けてないし、早いうちに環状線は制覇しておきたいのですが…。写真は熱田神宮

f:id:yunonyuno:20170116145022j:plain

『現代用語の基礎知識』を通読する

 『現代用語の基礎知識』とは、厚さ530mm、重さ1300gを誇る鈍器である。筋力トレーニングにも使えるし、疲れたら枕にして寝ることも出来る優れものだ。部屋にインテリアとして飾っておくと、頭が良くなった気にもなれるらしい。自由国民社から発行されている年鑑の新語辞典である。以前は、集英社から『イミダス』、朝日新聞社から『知恵蔵』という同様の新語辞典が発行されていたが、現在は廃刊してしまっている。
 この『現代用語の基礎知識』、略して『現基知』、を丸々読んで読破してしまおうと10年以上前から毎年試みているのがこの私だ。mixiでは「現代用語の基礎知識を通読する会」という辞書を読むことを目的とした、キチガイによるゲンキチコミュニティの管理人をしていたりもする。
 4段組で1368ページと、夥しい量の文字が書き連ねられており、113のジャンルからこの1冊で現代社会の今を捉えることが出来る。1ジャンルにつき、新書1冊分の情報量がありながら、2,970円と破格でコスパも抜群だ。
 ここ数年は、左寄りの内容になっているという批判も多く、巻頭を読むと私自身頷ける面もあるが、200名以上の識者によって書かれており、あくまで基礎知識に徹している本書は、この本でゴールというわけでは決してないので、好きな項目をパラパラと読み漁り、興味を持った分野をもっと掘り下げて学んでいけばいいのだと思う。

 というわけで、キチガイの私は、今年もゲンキチをシコシコと読み耽るのである…。

現代用語の基礎知識2017

新品価格
¥2,970から
(2017/1/11 00:15時点)

私が戦っているのはチーターだった

 自宅最寄りのジムは常に赤(ヴァーラー)のレベル10になっている。泡マラソンをする2人組がおり、建設マンメンテマンとして昼だろうと夜だろうと、平日でも休日でも監視していて、ジムを倒そうものならすぐに車を飛ばして、泡マラソンでレベル10にしていくからだ。
 トレーニングでの名声上昇が半減になった時期(2016年11月7日~12月2日)は流石にやっておらず、その前の時期はまだ今ほど寒くなく、今より私がポケゴーにハマっていたこともあって、1日1度は更地マンとして倒して更地にしていたのだが(今より名声を下げるのが半分で大変だったけど)、最近はもう完全に無視するようになってしまっていた。よってたまに誰かに倒されることもあるものの、大体いつも赤レベル10のタワーが数本立ったままになっている。
 しかし、今日は珍しく青の2レベルになっていたこともあり、私もジムのボーナスをゲットしに行こうと、そのジムまで行った所、久しぶりに件の車が路駐されているのを見かけ、丁度メンテマン氏が泡マラソンを開始したところだったので、そのままカイリューで連打していたら、車からおっさんが一人で降りてきて話しかけられた。

 私はてっきり、暇な大学生くらいの人が同棲でもして2人でやっているものだ(男キャラと女キャラを使って泡ポケ+カビゴンorラプラスを置いてるので)、と勝手に想像していたので、まずは結構歳のいったおっさんが一人でスマホを2台持って降りてきたことに驚いた。
 しかし驚いていたのは相手も同じだったようで、曰く、まさかこの寒い中、歩いてポケゴーのジムをやってる人がいるとは思わなかったとのことであった。更に言うには、いつもは家の中でやっているけど、最近よく倒されるので、誰かジム周辺にいるのかなと思って車で見に来てみたと笑って、こういうの知ってるでしょとチートしている画面を見せてくるではないか。
 勿論私はチートはしたことがないし、するつもりもないので、そんな画面を見せられたところで、知らないと言う他ないのだが、チーターのおっさん氏は、実際に歩いてゲームをするのはバカだ、チートをすればラプラスカビゴンも取り放題だし、チートをしている俺は凄いだろうと自慢したくて仕方がないようであった。
 実際にその場で、離れているジムを赤にして見せ、更には自らの他の色のアカウントで白するのを見せつけ、満足したらしいチーターおっさん氏は、キズぐすりも取り放題だし、毎日赤のタワー立てるけど、歩いて頑張って倒しに来てね、実際に歩いている人相手じゃ楽勝だけど、などと高らかに宣言し去っていった。現在そのジムは当然のように赤タワーになっている。

 色んな人がいて、ゲームにも色んな楽しみ方があるのはわかる。最寄りのジムというのは公園で、中高生の溜まり場になっていたりする。タワーになっていると倒して自分のポケモンを置けないので、ポケストも殆どない地元だけで遊んでいるような、決して強くはない中高生でもジムを楽しんで欲しいという思いで、地域で一番TLの高い私は更地マンとして活動していた。
 それはただ私が傲慢なだけだったかもしれない。でも私は、そもそもタワージムにねじ込んで防衛ボーナスを貰うよりも、電撃戦でジムを倒したり倒されたりする方が好きで、毎日散歩しながらジムを楽しんでいたのだ。別にトレーニングが好きな人はそれはそれでいい。いくらでもトレーニングすればいい。私だって電撃戦しながら、自チームになっている場所にはトレーニングして置いている。
 しかしそれが、1人で複数のアカウントを駆使して泡マラソンでレベル10にして、しかもそれがチートを使って家にいながらにして行っていたとなると、どうやっても勝てないし、ジムするだけ無駄ということになってしまう。チーターおっさん氏は私のやる気を削がせる為に言ったのかもしれないが…。
 結局、どんなものであれルールというものが存在して、それを逸脱してまでやるというのは私はよく理解できなかったりする。田舎じゃチートでもしないとまともに遊べないからと、個人で楽しんでいるだけならまだしも、みんなが遊ぶジムに手を出しちゃダメでしょって思う。チーターおっさん氏は何が楽しくて、こんなことをしているのだろう。聞いてくれば良かったなあ。

 チーターとゲームで戦うつもりはないので、垢バンされることを願う以外私はすることがないのだけど、通報したところでチートかどうかを見極めるのは難しいんじゃないかと思っているので、無視する他ないですかね…。複垢なんか家族や恋人と全く見分けがつかないし(チーターおっさん氏は最低でも3つの垢を所持しているので、1つの端末で2つ以上の垢を動かしていることになるが)、位置偽装も、あからさまに移動しない限り、車や電車と見分けるのはなかなか難しい。
 チートと開発側の戦いはイタチごっこになってしまうのだろうけど、フェアな環境でプレイしている一人として、チートが撲滅されることを祈っております。